4月27日(水)、陸前高田市にて「(仮称)陸前高田市交流センター新築工事」の地鎮祭が行われました。㈱佐武建設との特定共同企業体で、当社が代表者として行う特定共同企業体としては、最大規模の現場となります。

東日本大震災の津波で失われた市のスポーツ関連施設を集約化した社会体育施設機能と地域交流センター機能を一体的に合築整備することにより、市民の交流の場としての機能と災害時の活動拠点・支援施設としての防災機能を充実させた施設となる予定です。バスケットボールやバレーボールなどで利用できるアリーナや多目的ホールに加えて、温水プール、柔剣道場などが設置されます。2017年12月頃完成予定です。

人が集まる場所となるからこそ安全性の高い構造となっており、様々な種の構造が散見していることで難易度が高い現場となります。

 陸前高田市や利用される市民のみなさんの満足度を高めることが出来るよう、無事故無災害で邁進してまいります!

陸前高田市総合交流センター新築工事 地鎮祭
陸前高田市総合交流センター新築工事 地鎮祭
陸前高田市総合交流センター新築工事 パース

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします

最新情報をお届けします

おすすめの記事